インフルエンザに効果を持っている医薬品の中でもタミフルは有名です。異常行動などが話題になったりもしましたが、稀ですしはっきりとした関連性の結論も出ていません。ですが、インフルエンザにタミフルが効くということは事実です。

タミフルの画像

タミフルは何がいいのか?

タミフルは有効成分にオセルタミビルを使用したインフルエンザの治療薬で、日本では数種類ある抗インフルエンザウイルス薬の中で最も消費されている医薬品です。世界中でも日本だけが多量に消費していて、7割以上のシェアを誇ります。海外では自然治癒や予防に力を入れているのに対し、日本では保険制度の問題で症状が発生してから治療をするという目的になっているため、治療薬の消費が多くなっています。現在のところ4種類ある抗インフルエンザウイルス薬は、専用の吸入器を使用したり、点滴といった特殊なタイプが多く、タミフルだけが経口薬となっています。インフルエンザに感染すると気管支炎など呼吸器系に症状が発生し、発熱に伴って安定した呼吸ができなくなるのが特徴です。そのため、吸入器を使用しても満足に吸い込むことができず、治療薬が十分に発揮できないことがあります。特に小児では吸入器の取り扱いが難しいため、口から直接飲み込むことのできる治療薬が重宝されます。タミフルに用意されている剤形はカプセル錠またはドライシロップで、子どもから大人まで誰でも飲むことのできるのが特徴です。特にドライシロップはヨーグルトに混ぜて飲むこともできるため、薬が苦手という小児でも飲ませることができます。治療薬には誰でも手軽に扱えること、誰でも飲み込むことが可能なことが最低条件となるため、タミフルの剤形が治療に適していることから病院で多く処方される理由となります。ちなみに、例え扱いやすくても治療の効果がなければ意味はないのですが、タミフルはインフルエンザA型に対して高い治療効果が認められており、それらの理由も含めて第一選択薬として定められています。

異常行動はタミフルが原因なのか?

日本では冬にインフルエンザウイルスが活発に活動するようになります。インフルエンザは常に人間や動物を標的に、そこに入り込んでそこで増殖しようと企んでいます。インフルエンザが肺に入り込むと一気に増殖し、体に様々な悪影響を及ぼすようになります。一日から三日程度の潜伏期間を経て発熱が始まったり、喉や頭が痛くなったり、咳や鼻水が出るようになります。インフルエンザの型によっては下痢や嘔吐を繰り返し、生活がままならなくなります。自分がインフルエンザに感染しているのではなく単に風邪を引いているのだと思い込み市販の風邪薬を購入して、服用しこれらの症状を治そうとする人がいます。しかしインフルエンザの諸症状は一般の風邪薬では症状を抑えることはできません。そのためインフルエンザのような高熱が見られた場合は、すぐさま医療機関を訪れて検査をし、専門の治療薬を服用することが大事です。インフルエンザの治療には錠剤のタミフル、粉末薬のリレンザが主に使われます。タミフルとリレンザは肺でのウイルスの増殖を抑制してくれる効果があります。ウイルスの増殖が食い止められると、次第に熱がとれそのほかの諸症状も緩和するようになります。タミフルは錠剤であり、誰でも簡単に水で服用できるので処方する医師も多い傾向にあります。しかしタミフルには副作用が報告されています。その副作用とは青少年に服用させたところ、徘徊などの奇行や問題行動が見られたり、幻覚や悪夢を見たり、頭痛や吐き気をもよおす人が見られました。そのため最近では青少年にタミフルを処方する医師が減少しています。タミフルの代替として青少年にはリレンザが処方されるようになっています。リレンザは吸入型の粉末薬でタミフルのように服用しても異常行動などの副作用は報告されていません。異常行動や様々な副作用が心配な場合は医師に相談しリレンザを副作用してもらうように相談すると良いでしょう。

タミフルでなくインフルエンザが原因の異常行動

タミフルは副作用として異常行動があるとよく言われているのですが、実際のところこれについてはまだ確かなことは言えません。さまざまな研究機関で異常行動とタミフルの因果関係は調査されてきましたが、その中で明確に因果関係があると立証できるようなデータは出されていないのです。ではどうしてタミフルを飲んだ後で異常行動が起きるのかというと、これはタミフルでは無くインフルエンザの方に原因があるというのが主な説になっています。インフルエンザの症状として特に連想されやすいのは高熱や頭痛、倦怠感、関節痛といったような症状ですが、このインフルエンザはこういった症状とは別に脳に対して影響を与える症状も持っているのです。その最たるものが「インフルエンザ脳症」と呼ばれる症状で、これが引き起こされてしまった場合にはせん妄やうわ言が症状として見られるようになってきます。またより症状が重くなった場合にはけいれんや意識障害、そして最悪の場合多臓器不全によって死に至るという恐ろしさを持っており、このけいれんや意識障害が出る段階で異常行動が見られるケースがあるのです。そのため「タミフルを服用して異常行動になったのではなく、服用後症状が軽くなるよりも先にインフルエンザ脳症が引き起こされて異常行動が発生した」と判断するのが妥当だということになるわけです。実際タミフルによって異常行動が引き起こされるとしているのは世界の中でも日本だけで、世界的に見るとそうした副作用は無いという判断の方が多くなっています。もちろんまだ因果関係が立証されていないだけであり、因果関係があるという可能性もゼロではありません。しかしながら異常行動に付いてはインフルエンザから発展して引き起こされるインフルエンザ脳症によるものだというのが医学においては最も一般的な考えなのです。