インフルエンザに効果を持っている医薬品の中でもタミフルは有名です。異常行動などが話題になったりもしましたが、稀ですしはっきりとした関連性の結論も出ていません。ですが、インフルエンザにタミフルが効くということは事実です。

タミフルの画像

タミフルと悪寒と薬品について

インフルエンザにかかってしまった場合、薬品を使って治療していくことになります。病院でタミフルなどの薬を処方してもらうことが一般的なのですが、病院に行けない場合は市販の薬品を使うことになるかもしれません。インフルエンザで悪寒や高熱などの症状が出てしまうのは、ウイルスを撃退するための体内の働きであり、解熱剤を使ってしまうとウイルスが活性化されてしまうこともあります。そのため一時的にインフルエンザの症状が良くなってように見えても、実際には治るのが遅くなってしまうので注意が必要です。また、市販の薬品には症状を緩和する効果はあっても、抗ウイルス効果はないため、できるだけ病院に通ってタミフルなどの薬を処方してもらった方が良いでしょう。タミフルはインフルエンザの治療を補助する薬であり、日本ではインフルエンザ治療の際に最もよく使用されています。この薬には体内でインフルエンザウイルスの増殖を防ぐという作用があり、即効性の高さが大きな魅力です。インフルエンザウイルスが体内で増殖することで高熱や倦怠感などといった全身の症状を起こしてしまうのですが、タミフルを服用することでインフルエンザウイルスの増殖を止めることができるのです。ちなみに、タミフルはインフルエンザウイルスを殺菌する薬ではなく、ウイルスの増殖を止めることで症状の悪化を防ぐための薬となっています。つまり、タミフルには直接インフルエンザを治すことはできないため、インフルエンザにかかってしまったらすぐに飲まないと効果が期待できないとされています。インフルエンザウイルス自体を殺菌するのは自然治癒力であり、タミフルを服用したら体をゆっくり休めることが大切なのです。