インフルエンザに効果を持っている医薬品の中でもタミフルは有名です。異常行動などが話題になったりもしましたが、稀ですしはっきりとした関連性の結論も出ていません。ですが、インフルエンザにタミフルが効くということは事実です。

タミフルの画像

タミフルの特許期間と空気清浄機のインフルエンザ予防

インフルエンザに感染してウイルスが体内に侵入すると、2日から3日ほど経過した頃から様々な症状が出てきます。ウイルスの潜伏期間は長い時だと10日に達する場合があります。大人と比べて子供の方が感染しやすい傾向にあります。インフルエンザに感染すると、発症する直前から感染後2週間後ぐらいまで、体外へウイルスが排出されます。現在、インフルエンザの治療に用いられている薬はいくつかありますが、その一つにタミフルという経口薬があります。タミフルには、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があり、予防薬としても利用されています。タミフルの特許期間は2016年2月まででしたが、2021年2月まで期間延長の申請が行われています。その後はジェネリック医薬品が登場するので、現在よりも安価な治療薬を購入できるようになります。インフルエンザの感染経路は主に3つあります。一つ目の感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫を吸い込むことから感染する経路です。二つ目の感染経路は、患者の粘液が口や鼻、目などから入って感染する経路です。三つ目の経路は、ウイルスが付いている物を手で触れた後、食事などの際に手から口へとウイルスが入り込んで感染する経路です。ウイルス感染を予防するためには、マスクや眼鏡の着用が有効です。マスクは同じものを続けて使用せず、常に新しく清潔な物を着用し、使用済みのものはすぐに処分します。人の多い場所はできるだけ避け、咳やくしゃみをしている人がいたら、その場に長時間留まらないようにします。室内の換気は頻繁に行うのも効果的です。空気清浄機などを利用して、空気中を漂っているウイルスを屋外へ排出することで、感染リスクを低くすることができます。また、加湿器などを利用して室内の湿度を50%から60%に維持することで、飛沫感染を予防することができます。石けんを使って手指を洗って清潔に保つことも重要です。