インフルエンザに効果を持っている医薬品の中でもタミフルは有名です。異常行動などが話題になったりもしましたが、稀ですしはっきりとした関連性の結論も出ていません。ですが、インフルエンザにタミフルが効くということは事実です。

タミフルの画像

後発医薬品の定義とタミフルの効果

タミフルは、体内でウイルスを増やさないようにするための薬で、インフルエンザの症状を抑え、重症化を防ぐ薬として効果的です。
発熱などの症状が現れてから、48時間以内に服用することで、症状を緩和し、回復する期間を大幅に短縮することができるため、世界中で広く使用されています。
効果が強い薬というのは、子供服用させるのは禁止されているものが少なくありません。タミフルもその一つですが、小児用としてタミフルドライシロップが開発され、 小さな子供でも飲みやすいように工夫されています。
薬独特の苦みを感じさせないように、味付けがされていますが、そのままでは飲みにくい場合には、チョコレートアイスに混ぜたりして飲みやすくするとよいでしょう。

タミフルは、インフルエンザA型とB型に効果があり、できるだけ早く服用することで増殖中のウイルスをできる限り抑えることができます。
ただ注意しないといけないことは、タミフルに耐性をもつウイルスには、タミフルを処方しても効果がありませんから、その場合には、リレンザなどほかの治療薬が処方されます。
現在タミフルには多くのジェネリック医薬品が販売されています。
新薬と区別するため、後発医薬品とも呼ばれ、新薬と比べると開発費をカットできるため、価格が安価というメリットがあります。
主成分は先発の医薬品と同一ですから、効果に変わりはありません。
厚生労働省は後発医薬品の定義として、先発医薬品と同一の有効成分を同一量含み、同一経路から投与する製剤で、効果・効能、用法・用量が原則的に同一で、先発医薬品と同等の臨床結果が得られる医薬品としています。
後発医薬品は、国の医療費を抑えることができることから、厚生労働省はジェネリック医薬品を推奨しています。